四條畷学園高校のチームが「SDGs Quest みらい甲子園」でパナソニック賞を受賞したみたい

四條畷学園高等学校の6年一貫コースのチームが「SDGs Quest みらい甲子園 関西エリア大会」でパナソニック賞を受賞したようです。

上記リンク先によると、四條畷学園高等学校の6年一貫コースのチームが、3月20日に朝日新聞大阪本社で行われた「SDGs Quest みらい甲子園 関西エリア大会」でパナソニック賞を受賞したようです。

SDGsとはより良い世界を目指すために17の目標を掲げ、地球上の誰1人として不幸にさせないことを目的としているもの。

高校生がSDGsを研究し、社会の課題解決に向けたアイデアを考え、そのアイデアを発表・表彰する大会が「SDGs Quest みらい甲子園」です。

公式サイトでプレゼンテーションの動画が見られるようになっていました↓


四條畷学園高校のチームは「規格外野菜が捨てられる現状を何とかしたい」という想いから、ある農家の規格外野菜を商店街で売り出すプロジェクトを行い(売り上げは農家に全額還元)、パナソニック賞を受賞。

この賞がどんな賞かはわかりませんが、協賛のパナソニックが高い評価をした賞なのかなと思います。

四條畷学園高校2-2105181
(四條畷学園高等学校)

関西エリア応募チームの中から審査を通過した上位12チームの中から選ばれたみたいです。
社会や地域の問題にしっかりと向き合いこのような結果を残せて素晴らしいですね。

ライター:コマキ コマキ